⼦どもの未来のためのプログラミング教室が⾒つかるぷろっぷ » 東京都のキッズプログラミング教室 » 港区【東京都】の小学生向けプログラミング教室

港区【東京都】の小学生向けプログラミング教室

港区にある子ども向けプログラミングスクールを調査しました。

目的に合わせて選べるおすすめのスクールも紹介しますので、教室選びにご活用ください。

検定に強い港区のプログラミングスクール

検定に強い港区のキッズプログラミングスクールである「Crefus(クレファス)」を紹介します。

ロボット科学教育 Crefus(クレファス)

ロボット科学教育 Crefus

引用元:Crefus公式サイト https://crefus.jp/

Crefusはロボット検定認定校

Crefusは、ロボット検定の実施が可能な試験会場として認定された「ロボット検定認定校」です。

ロボット検定とは、一般社団法人ロボット技術検定機構が実施している、メカニカルスキル、エレクトロニクススキル、人工知能プログラミングスキルなどの知識や技能を客観的に評価して判定する検定のことをいいます。

プログラミング的思考を身につけられる

Crefusが目指すのは、ロボット製作を通じて「段階を踏んで考える」というプログラミング的思考を子どもたちに身につけさせることです。

年長から高校生まで幅広い年齢のお子様が対象で、学年や目的に合わせて12コース用意されています。

受験を見据えた港区のプログラミングスクール

港区のキッズプログラミングスクールで、塾が母体になっている「トライ式プログラミング教室」を紹介します。

トライ式プログラミング教室

トライ式プログラミング教室

引用元:個別教室のトライ公式サイト プログラミング教室 https://www.kobekyo.com/programming/

プログラミング教育必修化に対応

2020年に小学校でプログラミング教育が必修化されました。

トライ式プログラミング教室では、初めてプログラミングを学ぶお子様でも、まずは「プログラミングを好きになる機会」を持てるよう、段階的に学習できるカリキュラムになっています。

トライ式完全オリジナルの教材を使用

トライ式プログラミング教室が使用している教材は、完全オリジナルです。

ソニー・グローバルエデュケーション社が監修したテキストと「KOOV®」というロボットを使って、ロボット製作とプログラミングを学べます。

受講対象は、小学1年生から小学6年生までです。

就職を視野に入れた港区のプログラミングスクール

実際に仕事で使えるプログラミング言語を教えてくれる港区のキッズプログラミングスクールの「Code Land by プロキッズ」を紹介します。

Code Land by プロキッズ

Code Land by プロキッズ

引用元:Code Land by プロキッズ公式サイト https://prokids.jp/

自分で考える力を身につける

Code Land by プロキッズのモットーは、子どもたちが自分で考え自由に学ぶことで、自分の力で好きなものを作りだす「モノづくりできる人」になれるような環境を提供することです。

少人数制のクラスで、自発的に学ぶことと主体性を育むことを大切にしています。

好きなプログラミング言語を学べる

Code Land by プロキッズの特徴は、お子様が学びたいプログラミング言語を選べる点にあります。

初心者にぴったりなScratchや、ウェブサイト制作に適したHTMLやCSSはもちろん、データ解析やAIの分野で広く使われているPythonも学習可能。

港区の御成門校では、小学3年生から高校3年生までが受講できます。

ディスカッション・プレゼン力が鍛えられる!
港区のおすすめのキッズプログラミングスクール

定期的に発表会を開催している港区のキッズプログラミングスクール「Swimmy」を紹介します。

Swimmy

Swimmy

引用元:Swimmy公式サイト https://www.sai.co.jp/swimmy/

Swimmyは2対1の個別指導

Swimmyの講座は、生徒2名に対して講師1名という個別指導体制です。

対象は年中から高校生までで、ソニーが開発したIoTプログラミングツールである「MESH」を使って身近なものの仕組みから学ぶベーシックコースと、英語ベースのプログラミングを本格的に学ぶエキスパートコースが用意されています。

プレゼンテーション・ディスカッションも教えてくれる

Swimmyは、インプットとアウトプットを繰り返し行うことを大切にしています。

個別指導に加えて、作品をスライドで発表する機会やSDGsなど社会的なできごとをテーマに小グループで行うディスカッションがカリキュラムに組み込まれています。

文科省も重視!情報活用能力・モラルの基盤をつくるなら

文部科学省が東京都に設置している東京都教育委員会の「プログラミング教育推進事業者」に選定された株式会社ヴィリングが運営するキッズプログラミングスクールの「STEMON」を紹介します。

STEMON

STEMON

引用元:STEMON公式サイト https://www.stemon.net/

さまざまな教材を集団で学ぶ

STEMONの受講対象は年中から小学4年生までで、物理の基礎的な原理を学ぶベーシッククラス、理科やプログラミングを学ぶアドバンスクラス、オリジナルゲーム開発やロボット制御を学ぶプログラミング&ロボティックコースの3段階に分けられています。

集団教育なので、協調性や協業力も身につけられるでしょう。

小中学校でのプログラミング教育の実績多数

2018年度、2019年度にSTEMONの運営会社である株式会社ヴィリングが東京都教育委員会のプログラミング教育推進事業者に選ばれました(※1)。

4つの公立小学校におけるプログラミング教育の支援実績があります(※2)。

※1 参照元 https://www.viling.co.jp/

※2 参照元 https://www.stemon.net/blogs/info/stemon-20180928/